ビーグレン 口コミ

なぜ紫外線防止は必要なのか?

1990年代、そして2000年代になると、紫外線による肌のダメージという者が広く叫ばれるようになりました。しかし、この「紫外線」防止ということに関して基本的なことを知らないという人も多いので、なぜ紫外線防止は必要なのか?ということをお話しておきたいと思います。


まず、紫外線のもっとも大きな影響としてはメラニン色素との関連性というものが知られています。
たくさんの紫外線をあびるとメラニン色素が増えて、日焼けするというものです。

 

また、車に乗るという人になると、長時間紫外線が目に入ることで白内障になるといったリスクもあります。最近はサングラスをファッションで使う人も多いですが、もともとサングラスは紫外線を予防するために開発されたものになります。

 

また、美容の面でいうと、紫外線を多く受けることで活性酸素が増えるということも研究されていて、この活性酸素が老化を促進させるというようなことはテレビ等を見て知っているという人も多いでしょう。なぜ紫外線防止は必要なのかということに関して、上記のような事は代表的ですから知っておいてください。

 

紫外線が肌に与える影響

紫外線が肌に悪い影響を与える事はご存知の方が殆どだと思います。ですが、紫外線は、A波B波がある事はあまり知られていないのではないでしょうか。UVAといわれるのが紫外線A波、UVBといわれるのが紫外線B波になります。肌に与える影響はそれぞれ違ってきます。

 

UVAが肌に与える影響は日差しを浴びた後に肌を黒くする紫外線の事で、雲や窓ガラスなども通過して肌の奥深くの真皮まで届いてしまうので、シミやシワなどの肌の光老化を進ませる原因となる紫外線です。

 

UVBが肌に与える絵影響は主に表皮に強く作用して日差しを浴びた数時間後に肌を赤く炎症させる紫外線です。メラニンを増加させて日焼けによるシミやそばかすの原因になるのがこのUVB紫外線なのです。日焼けの繰り返しも光老化につながりますので注意が必要です。

 

紫外線による肌への影響には個人差がありますがメラニンの量によっても違いメラニンの量が多い人ほど黒い肌になり、紫外線に対して抵抗力があり逆にメラニンが少ない人は色白肌で紫外線に足しても弱い肌という訳です。

 

 

紫外線とシミの関係

紫外線がお肌へは害であることは皆さんご存知の通りです。この紫外線がメラニン色素へ作用によってシミやシワの原因を作りだしているのです。

 

メラニン色素がなければ良いのにっと思われるかも知れませんがこのメラニン色素は肌を守るという役目もあるのでそうも行きません。
メラノサイトから放出されて表皮細胞に入り込んでしまったメラニン色素はお肌に入ってきた紫外線を吸収して炎症を防御し、細胞が痛むのを防いでくれるという大切な役目を持っているのです。その反面、メラニン色素のせいで出来てしまうシミやクスミがあるのも事実なのです。

 

一般的に、紫外線を浴びる量が少なくなればメラニン色素の生成もゆっくりになります。そして、メラニン色素入りの表皮細胞がターンオーバーで剥がれ落ちるとお肌は日焼けする前とほとんど同じくらいに戻るのです。そのバランスが崩れるとシミが出来てしまうと言うメカニズムな訳です。

 

紫外線の浴びすぎでメラニン生成が過剰になる事も考えられます。それでも、若いうちならターンオーバーが正常ならメラニン色素を一層することも出来るのですが、年をとってターンオーバーが乱れがちになると余分なメラニン色素を含む細胞も中々肌から消えなくなります。年齢が上がる若い頃よりも紫外線を浴びないようにしたり、ターンオーバーを整えたりする努力が一層必要になってくるのです。