ビーグレン 口コミ

主な美白成分の働き

美白ケアということを考える時に良質な製品と評価されているものに多く含まれている成分というものがあります。こういった製品をうまく使うという意味では成分の働きというものを知っておくと便利ですから、「主な美白成分の働き」。これを紹介しておきたいと思います。まず、代表的な成分として『ビタミンCまたはビタミンC誘導体』があります。この成分についてはメラニン色素の生成そのものを抑制する効果があるため、肌質を改善させるというだけではなく予防ということにも役立ちます。続いて『ハイドロキノン』という成分です。こちらは、海外での評価が特に高い成分であり、日本では比較的新しい成分として知られています。この成分はメラニン色素そのものに影響を与えるのではなく、メラニン色素の発生段階に関与する酵素の働きを抑制する効果があるということが知られています。こういったことから、『ビタミンC』と『ハイドロキノン』でダブルの対策をするということが行われています。また、肌のターンオーバーを活性化させるという意味で、女性ホルモンに影響を与える成分『イソフラボン』なども、美白ケア成分として頻出のものとなっています。また最近は、アルブチンやトラネキサム酸といった成分やプラセンタといった成分も美白成分として広く活用されています。

シミに効くアブチロンとは?

シミに効くと言われているアルブチンとは、メラニン色素が作られる時に活性化するチロシナーゼ酵素の働きを抑え、シミの予防と改善に効果を発揮すると言われている成分です。シミ取りや美白効果が高いのは一般的にハイドロキノンが有名で、その効果もアルブチンの100倍と言われています。しかし、アルブチンに比べハイドロキノンが肌に与える危険性は高いとされているため、敏感肌の人やシミの予防をメインに考えている人には、アルブチンの方が安心して使用できるでしょう。アルブチンにはαとβの2種類があり、どちらもアルブチンにブドウ糖を結合させ作られた成分です。もともとアルブチンβは資生堂によって開発されたもので、通常販売されているアルブチン配合の化粧品にはβが使用されていることが多いようですが、よりシミ対策としての効能を期待できるのはαだと言われています。アルブチンαは江崎グリコによって後に開発され、チロシナーゼ酵素の働きを抑え込む効力は、アルブチンβの10倍とも言われています。アルブチンαもβも美白効果はありますが、βに比べαの方が肌への親和性が高いので、アルブチン配合の化粧品を選ぶなら、効果が高くより肌に吸収されやすいアルブチンαが配合されたものを選択するとよいでしょう。

 

シミに効くハイドロキノンとは?

美白と言えば、女性なら誰もが憧れるものです。いつまでも綺麗で健康で白く美しい肌でいたいのは、女性の永遠のテーマです。そんな女性の思いを実現してくれる薬品が、ハイドロキノンなんです。美容に関心が高い人なら、聞いたことはあるでしょう。


ハイドロキノンは、美白効果が高く、肌の漂白剤ともいわれるくらいに強力な美白効果があることで知られています。ただ、美白効果はあるのですが、肌が弱い人が使用した場合、かぶれたり、ヒリヒリしたり、アレルギー症状が出ることがあります。そのため、使用方法を間違えると、トラブルを引き起こすことになります。肌に良い成分の代表的な成分と言うと、ビタミンCが挙げられますが、これも、もちろん、シミやシワの原因であるメラニン色素の生成を抑制する効果があります。でも、既にできたシミやシワにはあまり効果が期待できません。その点、ハイドロキノンは、既にできたしみやしわに対しても効果を発揮してくれます。そのため、美白効果としてだけではなく、シミやシワ、ニキビ治療にも有効なんです。皮膚科で使用されているくらいなので、その効果は本物と考えてよいでしょう。

 

ビーグレンのハイドロキノンを確認したい方はこちら